日曜日の夜、仕事が憂鬱なのは当たり前で済ませるのは人生70%損してます!

日曜日の夜、仕事が憂鬱になるという方も多いですよね。

この記事は以下のような方におすすめです。

  • 日曜日の夜、仕事が憂鬱。
  • 休日の気持ちの落ち込みが激しい。
  • 仕事に行きたくない。
  • 仕事の日が来るのが怖い。

せっかくの自由な休日。

次の日、仕事というだけでも休日の貴重な時間を憂鬱な気持ちで過ごすのはとてももったいないです。

あなたの貴重な人生の時間を嫌な仕事のために消耗するのはもったいないです。

もっと充実できる人生にするために上手に仕事もプライベートも選択していきましょう。

日曜日の夜、仕事が憂鬱なのは人生70%損しています

日曜日の夜、仕事に行きたくないなんて思っている方も多いです。

仕事が嫌だ。休日だけが生きがいという方は1週間のうち2日の休日しか生きたいように生きていないということになります。

1週間のうち2日というのは人生の30%。人生の70%は嫌な仕事に命を削っているのです。

素敵な人生を作るためにも自分の人生を作っていくべきです。

少しずつでも人生に変化を付けていきましょう。

日曜日の夜、仕事が憂鬱になる大きな3つの原因

日曜日の夜、仕事が憂鬱になる大きな原因は3つあります。

日曜日の夜、憂鬱【原因1】仕事の日と休日のギャップがある

仕事の日と休日の気持ちのギャップが大きいほど仕事の前日に気持ちが憂鬱になります。

ジェットコースターと同じで上に上がれば上がるほど落下距離も長くなりスピードも上がります。

休日が楽しければ楽しいほど仕事の日が憂鬱になるのです。

休日に楽しむことができる力があるので同じくらい仕事にも楽しさを追求していきましょう。

日曜日の夜、憂鬱【原因2】仕事のストレスが過大

日曜日の夜、憂鬱になる原因の一つに仕事のストレスが過大ということが挙げられます。

これが憂鬱になる人の大多数に当てはまると思います。

  • 上司の理不尽な言動。
  • 残業時間の多さ。
  • 劣悪な職場環境。
  • 同僚との複雑な人間関係。
  • プライベートを大切にできない職場。
  • などなど。

このようなことは無理に前向きに捉えようとしても受け入れがたいです。

これらを日曜日の夜、思い出して憂鬱になってしまいます。

日曜日の夜、憂鬱【原因3】プライベートに楽しむ余裕がない

日曜日の夜、憂鬱になる原因として仕事もヘトヘト、プライベートも楽しむ余裕がない場合です。

  • 平日は仕事でヘトヘト。
  • 休日はやりたいことやリフレッシュしたいけど何もやる気が起きない。
  • また平日がやってくる。
  • 上記の繰り返し。

本当に心が疲れているとプライベートすら楽しめなくなってしまいます。

このような場合には早めに平日も休みを取るか転職するなり環境を変えていくよう動くことをおすすめします。

転職するほど元気が残っていない方はとにかくまず体を休ませてあげましょう。

世の中にあなたは一人だけです

世の中には仕事はたくさんあります。

ただ、世の中にはあなたはあなた一人だけです。

 

身体と元気があるから仕事もプライベートも動くことができます。

身体を蝕むほどの仕事であれば今すぐ休みましょう。

身体は何にも変えられない代替の効かない貴重なものです。

日曜日の夜、仕事が憂鬱。もっと楽しく生きるための2つの方法

日曜日の夜、仕事が憂鬱をなくすための方法を2つにまとめました。

2つの方法については、まずは身体が元気なことが前提です。

もし疲労感で辛い場合はまず身体を休ませてから取り組んでみましょう。

日曜日の夜、憂鬱【方法1】仕事を充実させる

方法1つ目は仕事を充実をさせましょう。

日曜日の夜、憂鬱になっている方は今までに十分仕事を楽しもうと取り組まれてきていると思います。

今の仕事を楽しもうとしてもうまく行かずに悩んでいると思います。

仕事を充実させるにはまず働きたい条件を洗い出してみましょう。

  • 定時退社できる職場がいい。
  • 仕事を任せてもらえる職場がいい。
  • 趣味もあるのでフレックスで仕事も頑張りたい。
  • などなど。

今の職場では実現できなかったことを叶えることができるような職場を探してみましょう。

今の仕事もありいきなり転職はハードルが高いですが無料相談など仕事探しからであればスタートしやすいのでおすすめです。


日曜日の夜、憂鬱【方法2】休日を充実させる

方法2つ目は休日を充実をさせましょう。

休日の充実のさせ方も様々です。

  • 仕事をもっと充実させるために勉強に時間を使う
  • 仕事をもっと充実させるために転職に時間を使う
  • 休日をもっと充実させるために遊びに時間を使う
  • などなど。

休日の時間の使い方は使い方次第で大きく変化します。

勉強でもいいですし、プチ旅行に行くのもいいですね。

もっと充実できるよう気持ちに素直に上手に選択していきましょう。

日曜日の夜、仕事が憂鬱。もっと楽しく生きるための3つのNG行為

日曜日の夜、仕事が憂鬱でやりがちなNG行為があります。

もっと楽しく生きるためにやってはいけない3つのNG行為をまとめました。

日曜日の夜、憂鬱【NG1】ストレス発散でお酒を飲む

1つ目のNG行為はストレス発散でお酒を飲むことです。

お酒はその場の楽しい場を提供してくれるものではありますがデメリットがとても大きいです。

  • 肝臓など臓器への負担が大きい。
  • 金銭的な負担が大きい。
  • お酒に酔って財布、携帯など紛失盗難のリスク。
  • 二日酔いによる次の日の仕事や休日へのダメージ。
  • などなど。

これだけ失うものも多く時間も失ってしまいます。

お酒による健康、お金、仕事などなど悪い影響範囲がとても大きいです。

日曜日の夜、憂鬱【NG2】ストレス発散で買い物など散財する

2つ目のNG行為はストレス発散で買い物などで散財をすることです。

適切な量の買い物であればOKですが必要以上の散財は良くありません。

ストレス発散できるならいいと思う方もいるかもしれません。

買い物をして身なりなどを整えても仕事への充実などには繋がりません。

買い物をして散財するだけ金銭的な余裕がなくなり今の仕事を辞めるチャンスを逃してしまいます。

今すぐ散財を辞められないのであれば必ず使うシャンプー、洗剤などの消耗品に変えるなど徐々にシフトして直していきましょう。

日曜日の夜、憂鬱【NG3】パチンコ、競馬などギャンブルに散財する

3つ目のNG行為はパチンコ、競馬などギャンブルに散財をすることです。

ギャンブルは良くないというイメージが強い方も多いと思います。

ただ、ストレスが溜まったから今週は少しパチンコなどに出かけて気分転換しようという方も少なくないと思います。

そして負けてお金と時間がなくなり休日が終わってしまいます。

ギャンブルは依存性もあり失うものも多いので少しずつ辞めると言うよりは完全に辞めることをおすすめします。

即効性のある快楽はすぐ消えます

お酒、買い物、ギャンブルなど即効性のある快楽には依存性がありその快楽はすぐ消えていきます。

そして膨大なお金と時間だけ消えていきます。

程々にしたい。と言いたいのですが、できれば無駄なものはキッパリと断ち切りたいですね!

【まとめ】日曜日の夜、仕事が憂鬱をなくすには仕事と休日のバランスが大切

日曜日の夜、仕事が憂鬱というのをなくすには仕事と休日のバランスが大切です。

\仕事と休日のバランスを上手に取ろう/

【上手にバランスをとるポイント】

    • 身体が疲れてプライベートが楽しめないならまずは休もう!
    • どのような仕事がしたいか自分の心と向き合おう!
    • プライベートの時間は活かし方次第で可能性大!
    • アルコール、買い物、ギャンブルなど即効性のある快楽には注意!

 

どのような仕事がしたいか自分の気持ちと向き合えたら転職をして環境を変えるとプライベートも一緒に変わっていきます。

転職求人から自分の可能性を見ながら気持ちの整理をしていくのもおすすめです。