稼げるリモートワークエンジニアになるならこの言語を選択しよう!【TOP3】

リモートワークをやってる人も徐々に増えつつあるのですがどうやったらリモートワークエンジニアになれるんだろう?

リモートワークエンジニアになるために習得しておきたいプログラミング言語を教えて!

 

この記事では以下のような内容についてまとめています。

  • リモートワークエンジニアになるために習得したいプログラミング言語
  • リモートワークエンジニアになるために習得するべきプログラミング言語の選び方
  • リモートワークエンジニアの仕事獲得方法
  • リモートワークエンジニアに求められるスキル

それではリモートワークエンジニアになるための内容を見ていきましょう!

リモートワークエンジニアになるならこのプログラミング言語【TOP3】

リモートワークエンジニアになりたいなら習得したいプログラミング言語をTOP3にまとめました。

リモートワークエンジニアプログラミング言語【1】Ruby

1つ目は3つの中で一番おすすめのRubyです。

Rubyをおすすめする理由は以下の通りです。

  • 習得しやすいプログラミング言語。
  • プログラミング言語の中でも年収が高い。
  • スタートアップ企業などで多く採用されている。

スタートアップ企業やベンチャー企業などで多く採用されているRubyです。

Ruby on Railsでは便利なライブラリがたくさん用意されているため複雑なプログラミングを書かなくてもシステム構築をすることができます。

またプログラミング言語の中でも年収が高い方に位置しているためリモートワークで稼いでいきたい方にはおすすめができるプログラミング言語です。

リモートワークエンジニアプログラミング言語【2】javaScript

2つ目はjavaScriptです。

最近はVue.jsやReactなどjavaScriptのフレームワークも充実してきており需要が出てきているプログラミング言語です。

RubyやPHPで画面を実装するとほぼ必ずjavaScriptを使う必要が出てくるため習得しておくと損はないプログラミング言語です。

また近年TypeScriptの需要が徐々に伸びておりTypeScriptとjavaScriptと合わせて使うことから、はじめにjavaScriptを習得していくことをおすすめします。

徐々に守備範囲を広げていく感じね!

リモートワークエンジニアプログラミング言語【3】PHP

3つ目はPHPです。

PHPは昔から多くのシステムに採用されてきていることから仕事の数も多いプログラミング言語です。

PHP技術者も多くフレームワークのLaravelが進出してからは開発スピードも上げることができるようになり再び人気が出てきているプログラミング言語です。

PHPはシステム開発でも使われていますがWordPressでも利用されているプログラミング言語です。

WordPressの仕事はクラウドワークスなどでも多く募集もかかっておりリモートワークの仕事も獲得しやすいです。

フレームワーク選びも大切!

プログラミング言語を使うときはフレームワークがセットで使われることがほとんどです。

RubyはRuby on Rails。PHPはLaravel、CakePHPなど。javaScriptはVue.js、Reactなど。

 

プログラミング言語のバージョンアップと共に、フレームワークも更新されていきます。

古く使われなくなるフレームワークはバージョンの更新などもなくなり将来性がありません。

 

フレームワークの更新も定期的に行われているものを選択するとよりいい選択をしていくことができます。

フレームワーク選びもとっても大切なのね!

見落としがちだけどチェックは必須!

リモートワークエンジニアで習得するべきプログラミング言語【3つの選び方】

リモートワークエンジニアで習得するべきプログラム言語には選ぶポイントがあります。

プログラミング言語を選ぶポイントを3つにまとめました。

リモートワークエンジニア【言語の選び方1】リモートワークの導入が明確になっている

まず1つ目は企業でリモートワークの導入がされていることです。

リモートワークの制度はあるけど実施されていない企業も多くあります。

リモートワークの制度があり導入されて稼働している企業を選び、リモートワークを導入している企業で使われているプログラミング言語の傾向を分析していくと特徴がつかめてきます。

リモートワーク制度を導入している企業が取り入れているプログラミング言語がRubyなどが多いですね!

リモートワークエンジニア【言語の選び方2】スタートアップなどで多く利用されている言語

スタートアップ開発などでよく利用されているプログラミング言語を選択するのも1つのポイントです。

スタートアップの場合「迅速にコストを抑えてシステムを作る」ことが求められます。

迅速にコストを抑えてシステムを開発する場合、開発メンバーを少なくすることで開発コストを抑えて仕事をすることができます。

そのため、リモートワークで仕事をすることが実現できます。

迅速にWebシステムの立ち上げをしたい場合Ruby on Railsはとても向いているため採用されている企業が多くあります。

1人でもできる仕事だからこそリモートワークが実現していくのね!

リモートワークエンジニア【言語の選び方3】スキル発揮ができる言語

リモートワークで仕事をするということは1人で完結して成果物を作っていく必要があります。

1人でもスキル発揮ができるプログラミング言語を選択していくことをおすすめします。

新しいプログラミング言語を習得するとしても習得しやすいものを選択するとリモートワークの仕事も獲得しやすくなります。

リモートワークエンジニアの言語以外の必須スキル【コミュニケーション力】

リモートワークエンジニアはプログラミング言語以外にもスキルが必要になります。

リモートワークの場合、1人で仕様要求のヒアリングをして1人で内容を噛み砕き成果物を提出する必要があります。

仕様要求のヒアリングの際にも相手の話を上手に引き出す力も必要ですし、内容を把握して成果物を作り出していく必要があります。

それによりプログラミング言語の習得ももちろん必要ですが、コミュニケーション力もとても大切になります。

リモートワークは成果物がすべて

「リモートワーク」と聞くと以下のような楽なイメージを持っている方が多いです。

  • 家で仕事ができる。
  • 満員電車に乗る必要がない。
  • 好きな場所、好きなときに仕事ができる。
  • などなど・・・

その代わりに「仕事の結果がすべて」になります。

 

的外れな成果物を提出すると何をやっているのか不審に思われることもあるので、リモートワークの環境下でどのようなスキルが自分に必要か改めて考えてみましょう。

リモートワークエンジニアの言語を習得すればいいだけではない意外な落とし穴

リモートワークエンジニアは満員電車にも乗らなくていいし自由で楽しそうなイメージが先行してしまっているのですが意外な落とし穴もあります。

リモートワークで働くということは常に1人で仕事をこなすということです。

Slackなどチャットツールで同僚の方とつながっているかもしれませんが仕事もしないといけないので常用するわけにも行きません。

通勤していると当たり前にあった慣れ親しんだ同僚との挨拶やちょっとした会話もなくなります。

少し愚痴を吐くということもできなくなるのでストレス発散するタイミングが減り非常にストレスが溜まりやすい環境になります。

完全に1人はつらい。でもリモートワークをしたい方は・・

一人暮らしで生活をしておりフルリモートで仕事をすると完全に孤立してしまうという方には週に数日会議などで出勤して同僚と顔を合わせるような働き方を選択することをおすすめします。

フルリモートじゃなくても一部リモートでも通勤負担も軽減されて丁度いいかもしれないですね!

リモートワークエンジニアの仕事の3つの獲得方法

リモートワークエンジニアの仕事をしたいけどどうやって探せばいいかわからないという方も多くいます。

リモートワークエンジニアの仕事の獲得方法について3つにまとめました。

リモートワークエンジニア【獲得方法1】転職エージェント

獲得方法1つ目は転職エージェントを活用する方法です。

ここで転職サイトではなく転職エージェントをおすすめする理由は上記章でもあったようにリモートワークの制度はあるけどリモートワークの導入まで至っていない企業もあり面接では良いように説明をされて入社後リモートワークが実現しないケースを避けるためです。

転職エージェントを利用してリモートワークの実績があるかをしっかりとヒアリングして第三者の目を入れて転職をしていくと仕事探しの精度も上がっていきます。

【おすすめのIT業界に強い転職エージェント】

これからリモートワークを導入する予定と言って、ずっと導入されないままの企業をたくさん見てきたので転職エージェントでしっかり選んでもらうのは大切ですね!

リモートワークエンジニア【獲得方法2】フリーランスエージェント

獲得方法2つ目はフリーランスエージェントを利用する方法です。

フリーランスエージェントを利用してリモートワークをする場合以下のパターンがあります。

  • パターン1:初日からリモートワーク
  • パターン2:数ヶ月常駐した後、リモートワーク

数ヶ月常駐をする場合はお互いの信頼関係構築や効率的に業務の流れを知ってもらうことから始めは常駐をするケースがあります。

信頼関係を築いたのち仕事をするのはお互いメンタル的にも安定して仕事をしやすいためおすすです。

【おすすめのフリーランスエージェント】

番外編:週3〜4日で働く

リモートワークをしたいけどなかなか仕事が見つからない場合はフリーランスで週3〜4日働いて休日を多く作ることも方法としてあります。

理想の生活スタイルが作れるよう柔軟に対応してくとよりいい生活を作ることができます。

リモートワークエンジニア【獲得方法3】知人紹介・SNS

獲得方法3つ目は知人の紹介やSNS経由です。

知人の紹介やSNSでリモートワークをする場合以下のメリット・デメリットがあります。

【知人紹介・SNSのメリット・デメリット】

  • メリット:信頼関係を構築しやすい。
  • デメリット:単価が安い傾向がある。短期で終了する可能性が高い。

短期で仕事が終了するということは収入も不安定になりやすいため、できるだけ長期の仕事を受けることをおすすめします。

【まとめ】リモートワークエンジニアが習得したいプログラミング言語は3つ

最後にリモートワークエンジニアが習得したいプログラミング言語のまとめをしていきます。

\リモートワークエンジニアが習得したいプログラミング言語/

【リモートワークエンジニアが習得したいプログラミング言語】

    • Ruby
    • javaScript
    • PHP

【リモートワークエンジニアの仕事獲得方法】

    • 転職エージェント
    • フリーランスエージェント
    • 知人紹介・SNS

【おすすめのIT業界に強い転職エージェント】

【おすすめのフリーランスエージェント】

働きたいスタイルで働けるとモチベーションもアップするので上手に実現していきましょう!

よりよい生活を作っていけると楽しみも増えるね!