【プログラマー】長期出張で帰れなくてツラい【上手な仕事の選び方】

「長期出張をしているけど、いつ帰れるかわからない…」

「長期出張の指示があったけど、家族との時間が大切…」

プログラマーの長期出張は終わりが見えないことが多く、とても不安になります。

長期出張が本当にツラい!どうにかならないの?!

 

この記事は以下について書かれています。

  • プログラマーの長期出張はいつ帰れるかわからない
  • プログラマーの長期出張キャリアは役立たない
  • 長期出張が多いプログラマーの特徴
  • 長期出張がないプログラマーの仕事の選び方
  • 長期出張中でもできることから始めよう
  • 短い人生、長期出張で人生を無駄にしないよう小さい一歩を踏み出そう

苦痛な長期出張で貴重な人生を無駄にしないようにしていきましょう!

長期出張をしない仕事の選び方をしっかり見ていきましょう!

プログラマーの長期出張はいつ帰れるかわからない

プログラマーをしていると長期出張をしている人も多くいます。

支社立ち上げ、情報漏えいの関係で遠方で作業をする必要があったりなど…様々な状況があります。

そして長期出張の一番怖いところは「仕事が終わるまで帰れない」という点です。

支社立ち上げが終わるまで帰れない、遠方での開発業務が終わるまで帰れないなどがあり、それまでは毎日コンビニ弁当のホテル暮らしなど自由の効かない生活が待っていることも多くあります。

家で生活ができないことが続き、いつになれば自宅に帰れるのかもわからない状況は体も心も非常に不健康で蝕んでいきます。

健康的な生活ができるよう長期出張がない仕事の選び方を知っていく必要があります。

安定した生活が送れる仕事を選んでいきましょう!

プログラマーの長期出張キャリアは役立たない

まず知っておきたいのはプログラマーの長期出張のキャリアは役立たないことが多いです。

社会的に一目置かれる結果を出すことができればいいのですが、長期出張でどこでもできるような開発業務をこなしたとしても社会的に特別評価されることはありません。

例えば、東京に住んでいる人が大阪で半年間長期出張をして開発業務をこなしたとします。

この長期出張が転職時のアピールポイントとなるでしょうか?大きなアピールポイントとなることは少ないと思います。

長期出張は出張手当などもらえる企業もあり収入が増える反面、キャリアアップなどとはあまり結びつきづらいです。

キャリアップにも結びつかなく苦痛であれば早めに長期出張が少ない企業に転職するなど対策を取ったほうがより良い人生に繋がります。

嫌な環境で長く頑張る意味はないですね!

長期出張が多いプログラマーの3つの特徴

長期出張が多きプログラマーの特徴を3つにまとめました。

1. 遠隔で作業ができない仕事内容

1つ目は遠隔で作業ができない仕事内容です。

例えば、情報漏えい防止の為現地作業などが挙げられます。

クラウドサーバーに対応しておらず、サーバーが日本各地にありそこでの作業が必要な場合などがあります。

その場でしかできない作業の場合は、作業が終わるまで帰ることができず作業規模が大きくなるほど、いつ帰れるかわからない状況になります。

2. 支社などの現地メンバーへの教育

2つ目は支社などの現地メンバーへの教育です。

企業が成長していくほど各地に支社を作る可能性が増えていきます。

この場合、現地で社員の採用はするものの一部本社から社員を出張させ教育するというケースは多くあります。

教育をしてスムーズに行けばいいのですが立ち上げに苦戦した場合や現地作業のメンバーとして組み込まれてしまった場合は、抜け出すことが非常に大変になります。

最悪のケースとして最終的に現地メンバーとなり転勤となってしまう場合もあります。

3. 国内支社、海外支社などの立ち上げ

3つ目は国内支社、海外支社などの立ち上げです。

これも2つ目の現地メンバーへの教育にも似ています。

国内支社や海外支社を立ち上げる際には現地の見学、オフィスを借りるために各地を周り、面接や教育など非常に時間と労力がかかります。

その間、長期出張となると非常に長い期間もかかり、いつ帰れるかもわからない状況になります。

長期出張がないプログラマーの仕事の選び方【4つのポイント】

長期出張のケースがわかったところで避けたいポイントも見えてきたと思います。

長期出張がないプログラマーの仕事の選び方のポイントを4つにまとめました。

1. Web系中心の仕事を選ぶ

家電やIoTなどの工場などがある場所の近くで作業をする必要があるプログラマーやエンジニアの方もいたり、企業が業務で利用するシステムを作るために企業がある地方などに赴いて作業が必要になることもあります。

Web系で場所に縛られない仕事内容であれば長期出張のリスクを下げることができます。

取引先が遠方にあったとしてもその場にずっといる必要もないため短期出張がほとんどです。

2. クラウド化が進んでいる企業を選ぶ

クラウド化が進んでいる企業を選ぶことも大切です。

Web系の企業であってもサーバーが各地方にあったりという場合もあります。

最近はAWSなどのクラウドサーバーが一般的にはなってきていますが一部サーバーを自社で持っておりメンテナンスやサーバー移行のため長期で出張する可能性もあるため確認しておくと安心できます。

ただし、長期出張だとしてもトラブル対応などでもなく自社でスケジューリングしやすい業務のため長引く可能性は低いと思います。

事前に調べておきたい情報ですね!

3. 社員が多い企業を選ぶ

確率的な話になってしまいますが社員数が多い企業を選ぶのも長期出張のリスクを回避できます。

例えば支社を立ち上げるとなった場合、10人いる企業と100人いる企業では圧倒的10人いる企業のほうが高リスクで長期出張が発生します。

また社員数が少ないと断りづらい環境になりやすいのも問題です。

社員数が多い企業や長期出張がない企業の傾向など転職エージェントに相談して求人があるか、転職できる可能性があるかだけでも確認しておくと長期出張の話が出てきたときなどすぐに対応ができます。

【IT業界が得意なおすすめ転職エージェント】

転職エージェントは意味ないと思っていた私が東証一部に入社した話

4. 正社員以外の働き方をする(フリーランス、派遣など)

プログラマーであればフリーランスや派遣などの働き方を選ぶのも選択肢としてあります。

長期出張がないだけで技術的なキャリアが落ちるわけでもないので経歴的に大きな損になることもありません。

また自分で仕事を選べるフリーランスは伸ばしたい分野のスキルアップをしやすい環境でもあるため選択肢としてはとてもいいと思います。

長期出張を命ぜられる前にフリーランスエージェントに登録をして仕事があるか確認しておくと、いざというとき逃げ道を作っておくことができます。

【高額案件多数のフリーランスエージェント】

【現役が厳選】フリーランスエージェントおすすめTOP3【高単価】

フリーランスエンジニアに将来性があるか心配なあなたへ!不安が不要な理由

長期出張をしてしまうと面接などできなくなるので早めに手を打っておきましょう!

長期出張中でもできることから始めよう【迷い中でもOK】

すでに長期出張中で悩んでいる方も多いと思います。

長期出張中でもできることを始めていきましょう。

1. 転職希望の方

転職希望の方は転職エージェントに登録して相談することをおすすめします。

遠方でも電話カウセリングや書類選考などまではできます。

また面談もオンラインでも可能な企業もあるかもしれません。

長期出張がない環境をゲットするためにもできることから始めて行きましょう。

以下のような転職エージェントにまずは登録して相談するだけでも気持ち的にもだいぶ楽になります。

【IT業界が得意なおすすめ転職エージェント】

相談するだけでも楽になるので悩み相談のつもりで相談するのもいいですね!

2. フリーランス希望の方

フリーランス希望の方は今のスキルでフリーランス案件があるのかまず確認してみることをおすすめします。

フリーランスエージェントに登録をしてエントリー可能な案件などがあれば長期出張を断って退職をしても収入に困る可能性は低いです。

フリーランスなので収入リスクはもちろんありますがフリーランスエージェントから紹介される案件はスキルマッチしているからこそ紹介されるのであとはアピール次第や日々の取り組みがしっかりして働いていた過去実績があれば仕事が取れる確率は高くなります。

まず今度どのように長期出張から抜け出したらいいかフリーランスエージェントに相談する気持ちで連絡をして収入に空きを作らないためにもどのように進めるとスムーズか相談してみることをおすすめします。

以下フリーランスエージェントが案件も多くおすすめですが各社特色があるためアドバイス内容も変わってきます。

そのためまずは2社以上に登録をして相談してみて好感がもてるフリーランスエージェントを利用していくことをおすすめします。

【高額案件多数のフリーランスエージェント】

担当者によってもスピード感がかなり違ってくるので好印象な方を選ぶことをおすすめします!

3. 転職かフリーランスか迷っている方

転職かフリーランスか迷っているけど「とにかく長期出張が嫌だ!」と思っている方はどのようにすれば次の仕事をスムーズに探すことができるのか転職エージェントとフリーランスエージェントの両方に相談してみることをおすすめします。

両方に相談すると手間はかかって面倒ではありますが様々なパターンで対応することができます。

例えば以下のとおりです。

  • 退職→フリーランス
  • 退職→転職
  • 退職→フリーランス→転職

フリーランスは比較的早く仕事が見つかるため、早く長期出張を辞めたいなら退職をしてフリーランス案件をすぐ探すというのも方法の1つです。

そして落ち着いたタイミングで転職活動をするという方法を取ることもできます。

まずは上記で紹介した各社エージェントに相談をしてみましょう。

どれだけ相談しても無料な上に長期出張からも開放されれば最高ですね!

短い人生、長期出張で人生を無駄にしないよう小さい一歩を踏み出そう

短い人生、ほとんどの時間を仕事で費やします。

わずかな時間しか自由な時間は残っていないのに長期出張でプライベートの時間も無駄にしないよう長期出張が嫌なら早く抜け出せる準備をしていきましょう。

望んでいない生活環境で仕事をするのはとても苦痛なことです。

そんな仕事のために命を費やすのは非常にもったいないです。

もっとイキイキとできる場所で安心して働ける環境をゲットしましょう!

【まとめ】役立たない長期出張をしなくていい仕事はたくさんあります!

最後にまとめとしてキャリアアップやスキルアップにつながらない長期出張で苦痛ならすぐに辞めていきましょう!

仕事は沢山あります!

\長期出張に命を削らないで!生きやすい生き方を選択しましょう!/

【長期出張が多いプログラマーの特徴】

    • 遠隔で作業ができない仕事内容
    • 支社などの現地メンバーへの教育
    • 国内支社、海外支社などの立ち上げ

 

【長期出張がないプログラマーの仕事の選び方】

    • Web系中心の仕事を選ぶ
    • クラウド化が進んでいる企業を選ぶ
    • 社員が多い企業を選ぶ
    • 正社員以外の働き方をする(フリーランス、派遣など)

 

【長期出張中でもできることから始めよう】

    • 転職する
    • フリーランスになる
    • 迷っている方もOK

 

【高額案件多数のフリーランスエージェント】

 

【IT業界が得意なおすすめ転職エージェント】

長期出張は職場環境、食事環境、プライベートもがらっと変わってしまうもので苦痛に感じる方は本当に苦痛に感じてしまう状況です。

抜け出すためには会社を変えることが一番不安もなくなって将来的にも安心できるので、エージェントや知識ある人に相談して気持ちを軽くするところからスタートしてみましょう。

少しでもいいので行動すれば確実にいい方向に前進できますよ!