各社フリーランスエージェントはどこも同じように見えて違う!【徹底解説】

「フリーランスエージェントは何社もあるけど違いはあるの…?

「フリーランスエージェントの複数登録したけど、どうやって活用すればいいかわからない…」

フリーランスエージェントに登録したあと、どうなるかイメージがわかず戸惑っている方も多いですよね。

フリーランスエージェントに違いと活用法など教えて!

 

この記事は以下について書かれています。

  • フリーランスエージェントは同じように見えて違うポイント
  • フリーランスエージェントを選ぶときに重要なポイントと理由
  • 運命を左右する?!フリーランスエージェントは複数社登録するべき理由と活用法
  • 比較するため登録したい高単価のおすすめフリーランスエージェント

フリーランスエージェントの違いや活用法がわかればフリーランスへの一歩も踏み出しやすくなります。

フリーランスエージェントの違いを見ていきましょう!

フリーランスエージェントは同じように見えて違う4つのポイント

フリーランスエージェントはどこも仕事を紹介していくれるだけで同じように見えますが各社特徴やエージェントの対応など違いがあります。

違いについて4つにまとめたのでチェックしていきましょう。

1. 取り扱い案件の数

1つ目は取り扱い案件の数の違いです。

エージェント企業で持っている案件数が各社大きく違います。

沢山の案件を持っているエージェントは1回の案件紹介で多くの企業案件を提案してもらうことができるため、一度に多くのエントリーができます。

そのため、案件決定までのスピードも早く時間を無駄にすることなく案件獲得まで進むことができます。

案件数が少ないとスピード感も遅く時間を無駄にしてしまう可能性が高いです。

フリーランスにはスピード感はとても大切

案件決定まで時間を数週間以上かけてしまうと、フリーランスの場合は収入に穴が空く可能性があります。

収入に穴が空く可能性があるだけで、焦りが出てしまい良い案件を判断することもできなくなってしまいます。

落ち着いて良い案件を探すためにもスピード感を持って決めることができるのは大切なポイントです。

2. 取り扱い案件の単価

2つ目は取り扱い案件の単価の違いです。

エージェントによって仲介手数料(マージン)の率も変わってきます。

またエージェント企業も利用して良さを知ってもらいたいということもあり初回の契約はマージン率を下げてもらえるケースもあり更に同じ案件でもエージェントによって金額が変わってきます。

同じ企業案件でもエージェントが違うだけで10万以上の開きがあることもあります。

生活のために利用するエージェント選びもとても大切になります。

マージンを払うのはもったいない?

フリーランスエージェントのマージン料がもったいないと言う方も少なくありません。

マージン料を払うことで何を得ているか考えてみると妥当な金額というのも納得できると思います。

 

【1年に1回新しい案件に就くとします】

その場合1年に1度、営業活動が必要になります。

プログラマのスキルは多種多様です。プログラミング言語、フレームワーク、経験年数、単価などピッタリとマッチした案件を探すのは非常に困難です。

企業に訪問し要望を聞き出しマッチするかというのを繰り返す必要があります。

またマッチしてもそのタイミングで募集がなければ意味がありません。

 

上記ような営業活動を1ヶ月かけてする場合、生活費、交通費などなど含めて数十万お金を失うことになります。

 

ここの穴埋めをエージェントがしてくれます。

仕事に空きがない状態にしてくれ、その間働いて収入を得ることができる状況にしてくれるのでお金を失うことなく収入を得てプラスに持っていけるのでマージン費用はそれなりの価値があることだとわかります。

3. 取り扱い案件の質

3つ目は取り扱い案件の質の違いです。

エージェント企業によって取扱案件の特徴が変わってきます。

案件の大きな違いは受託系企業の案件か自社ソフトを持っている企業の案件かです。

受託系企業の案件の特徴は二次請負、三次請負となっているケースが多いです。

受託案件では納期が間に合わないようなものでも他社が納期を決め無理やりな開発をするケースが多くあり炎上案件、過労状態になってしまうことがあります。

自社ソフト開発案件を沢山持っているエージェント企業のほうが、より安定して働くことができることができる傾向にあります。

エージェントの案件の質に関しては登録して紹介してもらわないとわからないため、いくつか見てみて自社開発か受託開発か見極めて選定していくと使うエージェントがわかってきます。

取扱案件はエージェントに紹介してもらって実際見て判断するのが手っ取り早いですね!

4. エージェントの対応の質・人格

4つ目はエージェントの対応の質・人格の違いです。

エージェント企業によって企業の質や色があります。

とある企業はラフな対応、とある企業は言葉遣いからとても丁寧な対応、また、ひどい企業は社内連携が全くとれていない企業もあります。

堅い対応は苦手なのでラフな企業がいいという方もいれば、丁寧にサポートしてほしいのでしっかり教育されている企業が良いという方もいます。

自分に合った対応のエージェントを選ぶことも、よりよく仕事をしていく上では必須なポイントです。

これを上手に判断するには一度面談することをおすすめします。

【高額案件多数のフリーランスエージェント】

 

案件の質、対応の質を知るために

上記章で説明したとおり、登録をしてエージェントを少しだけ利用してみることが判断のための時間の短縮につながります。

 

以下記事でおすすめで高単価のエージェントをご紹介していますのでこちらから2社以上を登録して比較してみるとエージェント企業の違いが、より明確にわかります。

【現役が厳選】フリーランスエージェントおすすめTOP3【高単価】

2社の比較だけですと悩んでいる時間があれば実際見て判断するほうが早い事が多いので実際登録をしてみることをおすすめします。

 

少し手間かと思って気がひけるかもしれませんが
前進すると見えてくるものは大きいですよ!

フリーランスエージェントを選ぶときに重要な3つのポイントと理由

上記章のフリーランスエージェントを利用してみた上でどこにするか選定をしていくと思います。

その中でエージェントを選ぶポイントと理由を3つにまとめました。

1. 紹介してもらえる案件数

1つ目は紹介してもらえる案件数です。

取り扱い案件の数は紹介してもらえる数に比例します。

例えばWeb業界に強いAエージェント社とBエージェント社の2社があるとします。

その場合、Aエージェント社は5000案件、Bエージェント社は500案件持っている状態ですと圧倒的にAエージェント社が多くの案件を提案してくれることになります。

Aエージェント社を利用することによりスピード感を持って好みの案件を探すことができます。

 

どのような観点で判断したらいいかと迷うと思いますが以下のポイントで確認することをおすすめします。

「初回提案で何件の提案があるか」をポイントに判断してみると時間をかけず判断することができます。

 

今後の案件探しのためにもどこがスピード感あって対応できるか把握しておくことはフリーランスをやっていく上でとても重要になるので早い段階で把握しておくことをおすすめします。

案件選びは精神的にもとても消耗する期間になります。

スピード感あって対応していけるエージェントを選ぶのは無駄に疲れないための大きなポイントになります!

2. 単価

2つ目は単価です。

同じ企業の案件でもエージェントによって単価が10万以上変わってくることがあります。

単価が10万以上も変わってくるとフリーランスの生活も大きく変わってきます。

10万も違うとエージェントのサービスが大きく違ったりするのではないかと思いますが案件内容は同じです。

同じ時間を同じ場所で消耗していくのであれば、いつ仕事がなくなるかわからないフリーランスだからこそ高い単価を取っていきたいです。

また、高い単価を獲得できたことは実績として残すこともできるため押さえて置きたいポイントです。

3. 対応の質・人格

3つ目は対応の質と人格です。

エージェント企業によって会社の社風や体質などもあり、エージェントの対応も大きく変わってきます。

丁寧にサポートをしてくれる人が多い企業もあれば、強引に案件を押し売りしてくるエージェントもあります。

案件のモチベーションはエージェントの態度によっても大きく左右されます。

気持ちよく仕事を進めていきたいたいめ、エージェント面談をしてみてより良い対応のエージェント企業を選んで利用することをおすすめします。

案件への信頼性はエージェントの対応にも大きく左右されますよね!

運命を左右する?!フリーランスエージェントは複数社登録するべき理由と活用法

「フリーランスエージェントは複数社登録したほうがいい」と良く言われるのですが「なぜ?」「どのように複数社利用すればいい?」と悩む方も多いです。

その理由と活用法についてまとめました。

1. 理由

フリーランスエージェントは複数社登録するべき理由は同じような各社エージェント企業ですが特色が大きく違うので自分の好みに合ったエージェントを利用することでフリーランスの生活がより楽しくなるという点です。

また、同じ案件内容でもエージェントが違うと単価が10万以上開く場合があります。

より高単価を貰うためには複数社のエージェントを利用することは必須になってきます。

また複数社エージェントを利用して案件を探している最中、A社で60万円で決定した後、B社で案件が決まった際、A社の単価をB社に伝えると調整で60万円以上で提示してもらえるケースもあります。

このように複数社エージェントを利用するメリットは大きいです。

複数社のエージェントを利用するのは必須になってきますね!

2. 活用法

複数社のエージェントを利用する理由がわかった上で活用法を順をまとめました。

  1. 複数社のエージェントに登録をします。
  2. 希望やスキルなどをヒアリングするため面談をします。(ここでなるべく各社同じタイミングに面談を入れるとなお良い)
  3. 各社から案件紹介があります。
  4. 並行して各社案件に応募。
  5. 各社から契約オファーが来ればエージェント各社へ状況を連絡し、もっと単価を上げることができる企業があれば積極的に単価交渉をしてみましょう。
ポイントは同時並行!

複数社エージェントを利用するポイントとしては同時変更で利用します。

時期がずれてしまうとエントリー、面談、オファーが来るというのがどこか1社のエージェントに偏ってしまい単価交渉などができなくなるため、同時並行は必須です。

また同時に複数社利用すると罪悪感を感じる方もいるかもしれませんが、お互いがスムーズに進めることができる相手が見るかることを希望しているので罪悪感は感じる必要ありません。

「エージェントからも他社との状況を教えて下さい」と聞かれるので素直に伝えてOKです。

嘘をつくとダブルブッキングしてしまったり、逆に将来的に紹介してもらえない可能性もあるので注意しましょう。

比較するため登録したい高単価のおすすめフリーランスエージェント

複数社のエージェントに登録する場合、高単価のエージェントに登録すると余計な時間を使わず比較をすることができます。

何社もある中、より高額だったエージェントや対応が丁寧だったエージェントをピックアップしました。

またフリーランスの中でもこれからご紹介するいづれかは登録している人はとても多いので登録はしておくことをおすすめします。

【高額案件多数のフリーランスエージェント】

上記、エージェントについては以下の記事にも詳細をまとめています!
ぜひチェックしてみてください。

【現役が厳選】フリーランスエージェントおすすめTOP3【高単価】

【まとめ】各社エージェントは特色など違いあるので、比較して好きなところを利用しよう!

最後のまとめですが、各社エージェントは案件数、単価、エージェントの対応の質など違いがあります。

いくつかまずは登録をして自分が良いと思うエージェントを選定して利用してみると、よりお仕事がやりやすくなります。

\各社エージェントは比較して好きなところを利用しよう!/

【フリーランスエージェントは同じように見えて違うポイント】

    • 取り扱い案件の数
    • 取り扱い案件の単価
    • 取り扱い案件の質
    • エージェントの対応の質・人格

 

【フリーランスエージェントを選ぶときに重要なポイントと理由】

    • 紹介してもらえる案件数
    • 単価
    • 対応の質・人格

 

【比較するため登録したい高単価のおすすめフリーランスエージェント】